分かりやすい相続税の申告の方法

相続税の計算方法は、被相続人の財産から債務や葬式代を差し引いた課税価格に税率を乗じて求めます。この時、財産には死亡保険金や相続時精算課税によって贈与した財産、および相続が始まる前3年間で贈与した財…

相続税の申告における注意点

相続税の計算時における遺産の額には、被相続人の死亡日から遡って3年以内に贈与された財産の額が含まれます。これは被相続人が亡くなる直前に贈与をし、遺産を少なくして相続税を回避する事を防ぐ目的で行われ…

知っておきたい!相続税の税対策

相続税の代表的な税対策には、遺産から差し引かれる控除額を増やす方法があります。例えば、遺産の課税価格から差し引く基礎控除額や、死亡保険金などの非課税限度額は法定相続人の数によって決まります。その為…

相続について知っておきたいあれこれ

相続において優先されるのは、故人の遺志です。夫が亡くなったからといって、必ずしも妻が優先的に遺産を多く受け取れるのではなく、故人の遺志を確認することを忘れてはいけません。そして故人の遺志が記載され…

遺言で得た遺産はどうなる!?

遺産相続をする場合は財産だけを受け継ぐ事はできません。財産を相続する場合は債務があればそれも受け継がなくてはならないので、財産以上に債務が大きければ残るのは債務という事になります。しかし必ずしも相…

相続税の税理士について

税理士とは税金の申告のお手伝いをしてくれる人です。日本では、ほとんどの事で税金が課せられます。相続の時にもつき、その税の計算をしてくれるのが相続税の税理士です