まずは遺言書を確認しよう

相続において優先されるのは、故人の遺志です。夫が亡くなったからといって、必ずしも妻が優先的に遺産を多く受け取れるのではなく、故人の遺志を確認することを忘れてはいけません。そして故人の遺志が記載されているのが遺言書です。

故人の遺志を知るために遺言書を探してみたものの見つからないというケースもあります。そのような場合には、法律を元にして、誰がどのくらいの遺産を受け取る権利があるのか整理しましょう。故人の遺産が多い場合、親族間で争いが起きてしまう可能性もあります。自分が亡くなった後、親族間で争いが起きるのが心配な場合には、あらかじめ遺言書を作成しておくなど、もめ事が起きないように工夫するのも選択肢の1つです。

困ったときはプロに相談することも大切

故人の遺言書が見つかったものの、内容が不明瞭だったなどの理由で、親族間でもめてしまうケースもあります。もしも親族間で争いが起きてしまった場合には、第三者に相談してみましょう。例えば遺産相続に詳しい弁護士がいるので、依頼してみるのも1つの手です。

遺産相続に詳しい弁護士であれば、法律という着眼点から、どのように遺産をわければいいのか一緒に検討してくれます。大切なのは、誰か1人が得をするのではなく、誰もが納得できる解決方法です。100%お互いが納得するのは難しいことですが、親族の付き合いは今後も続くからこそ、これからのことも考えて話し合うようにしましょう。長い目で見て考えることを忘れてはいけません。