財産だけでなく債務も引き継ぐ

遺産相続をする場合は財産だけを受け継ぐ事はできません。財産を相続する場合は債務があればそれも受け継がなくてはならないので、財産以上に債務が大きければ残るのは債務という事になります。しかし必ずしも相続をしなくてはいけない訳ではなく、亡くなった人の財産を相続する権利のある場合は相続するか放棄するか決める事ができます。そのため亡くなった人に債務があってもその相続権者はそれを強制的に受け継ぐ必要はないのです。
もし債務よりも財産の方が多くても税金によって相続すると損してしまう場合や相続する権利がある人が自分だけでなく、複数いる場合は放棄する方が良いか相続する方が良いか判断が難しい事があります。そのような場合は弁護士などの専門家に相談すると良いです。

財産放棄の手続きには期限がある

親族などが亡くなって自分に相続権が発生した場合は無期限で相続するか放棄するか検討できる訳ではありません。相続放棄をする場合は裁判所に相続放棄をする為の手続きをしなくてはなりません。相続があった事を知った日から3カ月以内が相続放棄の手続きをする期限になっているので、それまでに手続きをしないとどれだけ大きな債務があってもそれを相続しなくてはいけません。
相続があった事を知った日からなので自分に相続権があってもその人が亡くなって相続権が自分に発生した事を知らなければ3カ月以上経過していても放棄の手続きができます。財産放棄の手続きは弁護士などに依頼しなくても自分で行う事もできますが、手続きは複雑ですし放棄するかどうかの判断も難しいケースがあるので慣れていない人は専門家に相談すると良いです。